なんでってもおすこし考えれおまえ


2009年の抱負→今年もすてきな駅弁に出会いたい。石川遼くんのような彼氏がほしい。
by wuchinco
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2008年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

めも。ジェネリック・シティ

読売新聞 朝刊1.28「無印都市」の記事.
“無印都市を嘆くだけでなく、どう「印」を残し、きずなを結ぶのか、
考えていくしかないかもしれない”

ケータイによって人と都市がどうつながるか 新しい価値を創造するか
なんてあまり積極的に考えたくない話だ

レム・コールハースによると、
世界中に増える無個性な国際都市を「ジェネリック・シティ」と呼んでいる。
「無印都市」などと訳され、
どこにでもある都市、しかも歴史がなくて常に更新される都市といった意味合いだ。

ジェネリック・シティのモデルとして「空港」があげられる。
確かにどこも地域性がなく、似たような空間になっている。

http://bottom.at.webry.info/200708/article_26.html
http://www.kinokuniya.co.jp/04f/d03/tokyo/jinbunya/jinbunya34-2.htm
http://arch.saltious.net/arch_essay/_yousiki.html

住に関する基本図書
http://www.jusoken.or.jp/kihontosyo/kihon20.htm

コールハウスは無個性な都市風景が広がる金太郎飴みたいな
「ジェネリック・シティ」の蔓延に批判的なのかと思いきや
むしろ、これこそ「新しい感性だ その感性に身を委ねろ」と主張しているらしい
ううっ 土地の歴史や伝統を無視せよと言わんばかりのこれらの主張は流石に受け入れ難い 
[PR]
by wuchinco | 2008-01-29 01:49 | 都市・まち

福士加代子 初マラソン。

新幹線の中のニュース掲示で福士加代子19位との結果を知った
30キロまでのトレーニングしかやっていない とのことだったので
いくら彼女でも入賞はないだろうなあ 
いや 途中棄権もあるだろな との予想をしていた.

帰宅して早速スポーツニュースをチェック。
なんとも壮絶な30キロ以降
あんなに転びながらも笑みを浮かべているようにも見える

レース後 彼女は「初マラソンは楽しかったかなあ……」と
言ったそうだ

レース準備も足らず ちょっとむちゃなレース参加だった等々は
とりあえずおいといて
福士加代子という人はある意味本当に魅力的な人だなあ

戦うこと 挑戦することをやめてはならぬ とはわかるものの
目の前になかなか戦うものが見えてこないこのごろであるが
とりあえず口角だけは“むにっ”っと上げて明日からがんばろう
[PR]
by wuchinco | 2008-01-28 00:27 | today

もっとよーくみてみよう。

部屋の中なのに エアコンの暖房温度を最高にしても
やたら寒い.ぶるぶる.
ああ 南国に行きたい

いやいや雪の地域も大好きだ

ここからは他人の悪口である.なのでクリックしないほうがよいである.
[PR]
by wuchinco | 2008-01-22 02:33 | today

中野くん。りあむくん。

サンプラザ中野が「サンプラザ中野くん」になったらしい

お塩学ぶが息子の名前を「りあむ」くんにしたらしい

ふーん。


建築士の勉強もいまのところ順調
というか改めて気づいたことがたくさんある
昨夜は建築法規(建築基準法)にいそいそと取り組んでみたわけだが
建築士の試験というよりも「日本語」の読解力を試されている気がした
にしても1日(平日の場合)2時間半の勉強時間の確保というのは
思ったよりも結構難しく 
また1時間を過ぎると集中力がなかなか続かないとか...

ま とにかく地道に。楽しく。
[PR]
by wuchinco | 2008-01-18 00:08 | today

建築士の勉強はじめますた。

あまりにも暇なので
2級建築士の勉強を始めた

なんだかんだいって まだ受験したことがなかった
合わせて宅建も受けようかな
無理かな...

参考書とwebの問題をいったりきたりしながらやってみたのだが
以前は大の苦手としていた分野が 今になって冷静に考えてみると
実はなんてことないコトだったりして
苦手意識って恐ろしいもんだな と思ってみたりした

にしてもおいらの建築史の知識って穴あきまくりで
西洋の中世と.特に日本の寺社建築についてはほとんど知識ナシ
といってもよいぐらいであることを自覚した

今年は図書館行ってたくさん読書して
たくさんお勉強して かしこい人になるぞ
[PR]
by wuchinco | 2008-01-16 01:38 | today

おたいやきさま

c0022723_21535444.jpg

“たいやき御三家”なるものがあったとは知らなかったのだが
その中の一軒 柳屋。

人形町駅から甘酒横町交差点を左に入る
お店についたのは平日の16:00頃であったのだが
店内をのぞくと たいやき待ちで並ぶ人がおよそ20人程度...

皮は薄めで強火でぱりぱり
あんの甘みもほどよく。
[PR]
by wuchinco | 2008-01-10 21:53 | today

おうどんさま

c0022723_113515.jpg
知人から小豆島のうどんをいただいた


うめーっ

いやいやこのおうどんさまには

美味しい いやいや おいしい か???
という表現の仕方のほうが適切かもしれない

いづれにせよ稚拙な表現ではあるが
何かに例えるならば 白くなめらかなもち肌
そして純潔な精神を持ち合わせた女性
うーん 艶っぽくしなやかでそれでいて清く高い志を持った強い女性 
とでも申しましょうか...お鍋で茹でている時からすでに
あなたさまは他の誰とも何かが違うっ と思っていたのでございます
そして口にした時に その違いを確信したのでございます

とにかく今まで食べたうどんの中で
いちばん美味しいおうどんさまであるのは間違いないのであります
[PR]
by wuchinco | 2008-01-09 01:13 | today

年末.正月あれこれ。

c0022723_13941.jpg母がくれた異様に長いチョコレートをこんな時間に食べながら.田舎と都会は当然環境こそ違えども 安全で美味しいモノを食べようと思う人はどちらにもいて.理想に近づく努力をしている人も都会にはいるわけで.ここに住んでいることを言い訳に“不健康な食生活”をしてはいけない.と これまでの不摂生な生活を振り返り反省する.今年のテーマは“ちゃんとする”なので あとはニワトリのように忘れないでいられればいいのだけれど
http://www.chocolate.or.jp/

昨年末の紅白.視聴率はワースト2位だったらしいが あの内容で39.3%ならばなんも問題はないのでは...むしろ驚き というのが久々に全てを観てしまったわたしの感想.リア・ディゾンの歌声の“すばらしさ”にしばし凍りつき哀れみを覚える.そして終止半音程度 わざとなのではないか?と疑いを覚えるほど音程をずらし歌いきった浜崎あゆみ.こんなに彼女は歌がヘタだっただろうか...これも人気凋落によるものなのか と哀しい思いでいたのだが.今日のニュースで彼女の片耳が聴こえないことを知った.ああ 耳が聴こえないってやっぱり致命的なことなのね.彼女には頑張ってほしい なんてことは月並みなので書かないが.ハンディを乗り越えて「やっぱり浜崎はすげえや」と思うような歌を聴かせてくれたら その時は思う存分に褒めたたえたい.

正月.福島県立美術館で開催中の「斎藤清展」を観に行った.会津で生まれた彼は冬の雪深い会津の景色をテーマとした作品を沢山残しているが 彼の作品へのコメントの中で印象深かったものは “会津への愛着がほのぼのとしたすばらしい作品をつくるというより 雪は全て余計なモノを隠してくれる だから構図として成立しやすいのだ”と(←勝手に省略しすぎた気もするが ま よしとして)いうこと.なるほど 彼は徹底して“構図”にこだわったのだ.またその整理整頓されすぎた構図が生み出す彼の作品が“おみやげ屋の絵”との指摘を受け しばしスランプに陥ったとのことだった.なるほどその指摘(批判)も理解ができる.たしかに彼の作品には構図からはみ出るような力強さ.強いメッセージ性は感じられない.だが整頓することへの美意識が感じられる彼の作品をわたしは好きだと思った
[PR]
by wuchinco | 2008-01-08 01:47 | today

正月あれこれ

「きょうはおれが餃子をつくる」といって普段は料理もしたことのない父親が 何を思ったか餃子をつくった 巨大ホットプレートで焼くこと3回転の末 ようやく80個程度が全部焼けた なぜか「残してはいけない」といった強迫観念にかられ ひとり最後までもくもくと食べ続けようやく80個が目の前から消えた わたしひとりで40個は食べたのではないかだろうか

毎年欠かさずに観てしまう箱根駅伝 もしお正月に箱根駅伝がなかったら いつまでも布団の中の入ったきりだろう  今年は本気で勝ちにいった関東学連の大健闘にぐっときた 順大ファンのわたしとしては無念の棄権にかなりがっくりきた それにしても男の涙っていい

クロネコメール便の速達を出さねばならず近くのローソンへ行くと 1日1回の集荷が終わっていた 何がなんでもその日に出さねばならなかったので母親へ電話 「いちばん近いセブンイレブンはどこ?」と聞くと「わからない」とのこと.そうなのだ 東京でひとり暮らしをするわたしにとって生活圏内に不可欠なもののひとつがコンビニの所在.引っ越す際 コンビニが家の近くにあるか否か、ほとんどの人がチェックするのではあるまいか.田舎の人(母)にとって 美味しい野菜が買える直売所.無農薬の果物が買える場所.無添加の食品が買えるスーパーがいちばん大事なのだ.そんなわけで妹に聞いたセブンイレブンを目指し雪が舞い散る中 30分歩いた.そう田舎と東京は違うのだ

青春18きっぷが余っていたので 大学の帰省以来はじめて鈍行で帰省 福島が近づくにつれ懐かしのあのなまりが電車の中に増えてくる 制服を着た高校生の団体なんかが乗ってくるとそれはもう...新幹線では感じることの出来ないこの感覚.わたしはこっちの土地の人なんだなとコトバによって感じるわけです.ふるさとの訛り懐かし停車場の...
[PR]
by wuchinco | 2008-01-07 01:47 | today

湖北のおはなし

c0022723_118164.jpg
c0022723_1182058.jpg
c0022723_1184097.jpg


ずっと食べたいと思っていた駅弁。
米原駅にて購入。
湖北のおはなし
1000円也
[PR]
by wuchinco | 2008-01-07 01:20 | 駅弁


以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
ヒモ生活サイコー!!
from 初心者にもオススメ
派遣で発見!
from こんな派遣ってアリですか!?
大人の男になりました
from 脱チェリーボーイ!
お前らには分からん話だ
from みせみせくん
バイト禁止。でも別の収入源
from 誰にでもできる錬金術
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧