なんでってもおすこし考えれおまえ


2009年の抱負→今年もすてきな駅弁に出会いたい。石川遼くんのような彼氏がほしい。
by wuchinco
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:都市・まち( 29 )

東京中央郵便局に思うこと。

にわか鳩山さんの「東京駅中央郵便局を保存しろ」発言がニュースで取り上げられていたがいまさらの話ではなく。

ここ↓に他の方がまとめられているのでご参照。
http://d.hatena.ne.jp/yamadayamamoto/20080714

この郵便局は私も以前からステキだなあと気になっていたモダニズム建築物。数年前、何の用事が忘れたが、深夜にこの郵便局窓口に飛び込んだ覚えがある。現在の建築にはあまり見ることのない、重厚かつ軽やかさを感じさせるシンプルなデザインに、はっと驚きを覚えた と記憶している。

何年も前から進められていたプロジェクトに対し、いまさら鳩山さん…と思ったり、再開発をしなければ郵政が100億円と見込んだ収益が上がらなくなる、と聞けばしょうがないなとなんとなく諦めもつくものなのだが。そもそもあのようなステキな建物をメンテナンスもせずに放置し、古くなったし高収益を上げたいから高層化して立て直す という発想自体がどうかと思う。そもそも東京駅再開発と合わせ、景観統一についても論議されるべきであったのでは。

銀座の大通りも、いつのまにかガラス張りのファサードのビルが増えている。
良い・ステキだと思うものは大切にしないと使い捨てになる。これ何でも一緒だと思う。
[PR]
by wuchinco | 2009-03-04 10:10 | 都市・まち

朝倉彫塑館

c0022723_22394361.jpg
朝倉文夫が設計した和洋折衷の特異な建築.真っ黒の外観からは全く想像できなかったゆたかな空間構成に感嘆.是非行ってみるべし.日本最初の屋上緑化ともいえる菜園が屋上にあるのだが 残念ながら 2月末のこの日は強風のため 屋上立入禁止.
中庭には大きな池があり 儒教の五常「仁・義・礼・智・心」を造形化したという5つの巨石が配置されている.また四季折々に白い花を咲かせる樹木が植えられているのだが ただ1種類だけ(山茶花だっただろうか?)赤い花を咲かせる樹木もあるらしい.ニクい演出だ...花が咲く春にまた足を運びたい.

朝倉彫塑館
台東区谷中7丁目18番10号
[PR]
by wuchinco | 2008-03-16 23:08 | 都市・まち

ぐだぐだ。

土曜日の夜は 建築家と社会学者の対談?を聴きにいく

予定の2時間が4時間となり 終了したのは23:00近くだったが
建設的な議論が交わされるわけでも無く 社会学の限界を感じるばかりだった
モデレータN氏の優秀さばかりが際立った←いつものことらしい
[PR]
by wuchinco | 2008-03-04 02:16 | 都市・まち

予習しなきゃ.

中野区在住のおっさんに エゴイスト呼ばわりされて以来 ほぼほぼ毎日都市論をテーマとした本ばかり読んでいる.よっぽどオレ悔しかったらしい...今も「新・都市論TOKYO」を読み終えたばかり.隈研吾が六本木ヒルズや代官山 汐留など東京の再開発ポイントを巡りながらジャーナリスト清野由美と対談する本.大規模再開発の背景と 開発に携わった各ディベロッパーの開発構想思想がわかりやすく解説されている.彼の皮肉を含みつつあっけらかんとした都市開発批判がかなり面白い...誰が読んでも解りやすく理解できる一冊なのではないだろうか.ちなみにhttp://shinsho.shueisha.co.jp/column/toshi/index.html←このサイトで全部読めることがつい昨日判明し.おいamazonで本買っちゃったじゃんか と少し憤慨してみたりする.
先日読んだ本もそうだったが(あえて自分でそういう本を選んでいるのか それとも東京の開発の歴史を語る題材として不可欠だったのか)「私鉄」と沿線につくりあげた「テーマパーク」的都市がキーワードだったりする.民間企業により面的にブランディングされた都市.

「ブランディング」によって塗り固められた都市を オレさまは軽蔑する.というより.その薄っぺらさに喜ぶ人々の薄っぺらさが何より哀しい.オレが東京の西側に住むことを避ける理由は きっとターゲットを意識して開発されたような街をじゃばじゃばと泳がされる自分の姿を想像したくないからだろう.だけど 便利なんだよね きっとそういう街... 安全で 安心で 便利で キレイな街に!の大号令のもとに結果として 路地が消え去り 裏側の無い画一的な都市空間が広がるしかなくなる 今の都市開発に 危機感を感じるです.

ということで 都市論会合に備え コンビニ建築と流通そして都市 といったテーマで少し予習をしなければ.
[PR]
by wuchinco | 2008-02-26 01:45 | 都市・まち

めも:渋谷パルコ

80年代消費社会論の検証 from カルチャースタディーズ

さらにいえば、もっと地方に住んでいる若者も、あえて東京に行きたいとは思わなくなっている。地方にも「プチ渋谷」はあるからだ。
 しかし地方のプチ渋谷は仙台や盛岡などの都市の中心部にあるのではない。それは田圃の中にある。田圃の中のイオンショッピングセンターなどの巨大ショッピングモールの中にあるのだ! 周囲に何もない田圃の中に忽然と現れるショッピングモールの姿は、渋谷公園通りのパルコよりもはるかに東京ディズニーランドに近い。強い歴史の痕跡を持たぬ埋め立て地に蜃気楼のように現れたディズニーランド。それを複製したかのようなショッピングモールが今まさに日本中に増殖している。

 かつて柏木はパルコを論じてこう書いた。「パルコは過去に例がないほど、実に見事なまでに都市全体を自らの、広告装置と化し、外部を消滅させてしまった。」
あるいは先ほどの吉見の言葉、「地域が育んできた記憶の積層から街を離脱させ、閉じられた領域の内部を分割された場面の重層的シークエンスとして劇場化していく」という指摘は、渋谷パルコ公園通りよりもむしろまさに均質なファストフードのように日本中に増加しているショッピングモールにこそ当てはまるのではないだろうか。

[PR]
by wuchinco | 2008-02-12 01:33 | 都市・まち

新陳代謝 まちと自分。

夜遊びしなくなった めっきり...
なんでかな と考えてみたが
ずばり.住んでる場所に問題があるんじゃないかしら
渋谷も代官山も遠いしな.

徒歩またはちゃりんこ圏内に
clubまたはlive houseがある土地に引っ越すべきかな
それかせめて朝までやってるbarがあるとか

同じ千代田線沿線でも 千駄木・根津をやめて
シモキタを新居として選んだ友人を「あほだなあ」と思ったけど
正しい判断だ と今思った.

夜遊びしたいとしごろ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
メタボリズム建築の代表格 ソフィテルホテルが
不忍池の畔に建ったことで 都市景観の美醜をめぐる議論が巻き起こった
低層・木造の建築物が並ぶまちなみの中に
あの高層建築はそぐわない というわけだが
ふと 菊竹さんはあえて新陳代謝の動きが生じないようなあの土地を選び
ソフィテルホテルを建てたのではないかと...
土地の歴史や文脈をあえて断ち切るような劇物を投下.
それがむしろ都市への執着、歴史へのこだわりへのアンチテーゼだったりするのでは...
いやいやこれは考え過ぎか...

個人的に.ソフィテルホテルの存在がもたらす景観への混乱
ミスマッチな対比を楽しんでいたのだが
そのソフィテルホテルは建築自体が その思想通り「新陳代謝」することなく.
12年で取り壊しとなった


新陳代謝めまぐるしく までもいかずとも
劇物あるまちに住みたい と思う今日このごろ
[PR]
by wuchinco | 2008-02-03 02:53 | 都市・まち

めも。ジェネリック・シティ

読売新聞 朝刊1.28「無印都市」の記事.
“無印都市を嘆くだけでなく、どう「印」を残し、きずなを結ぶのか、
考えていくしかないかもしれない”

ケータイによって人と都市がどうつながるか 新しい価値を創造するか
なんてあまり積極的に考えたくない話だ

レム・コールハースによると、
世界中に増える無個性な国際都市を「ジェネリック・シティ」と呼んでいる。
「無印都市」などと訳され、
どこにでもある都市、しかも歴史がなくて常に更新される都市といった意味合いだ。

ジェネリック・シティのモデルとして「空港」があげられる。
確かにどこも地域性がなく、似たような空間になっている。

http://bottom.at.webry.info/200708/article_26.html
http://www.kinokuniya.co.jp/04f/d03/tokyo/jinbunya/jinbunya34-2.htm
http://arch.saltious.net/arch_essay/_yousiki.html

住に関する基本図書
http://www.jusoken.or.jp/kihontosyo/kihon20.htm

コールハウスは無個性な都市風景が広がる金太郎飴みたいな
「ジェネリック・シティ」の蔓延に批判的なのかと思いきや
むしろ、これこそ「新しい感性だ その感性に身を委ねろ」と主張しているらしい
ううっ 土地の歴史や伝統を無視せよと言わんばかりのこれらの主張は流石に受け入れ難い 
[PR]
by wuchinco | 2008-01-29 01:49 | 都市・まち

大森

まちをお散歩していると大森貝塚が突然あらわれたのにびっくらこいた
ここで無知を晒すことを承知で書くが 
自分の中の漠然としたイメージでは
貝塚とはもっと「海沿い」にあるのだと思っていた そんなもんで
まちなかにおける貝塚との出会いは とっても衝撃的な事件であった

しかし...よくよく考えてみれば 東京のまちも品川、田町あたり 
東海道沿いはずっと 埋め立てが始まる江戸時代まで海だったわけだよな...

今は電車が走るこの場所から先は青い海だったなんて
海の波の音が聞こえるわけないんだけど 聞こえる気がしたです

※写真 へんなつなぎですみまへん

c0022723_22133531.jpg


c0022723_2253182.jpg
[PR]
by wuchinco | 2007-07-04 21:52 | 都市・まち

秋葉原その2

c0022723_2114169.jpg

右端の人のTシャツのデザインにちょっと注目しますた
[PR]
by wuchinco | 2007-07-02 21:15 | 都市・まち

築地

c0022723_204893.jpg


そこは日刊スポーツの印刷工場であった
印刷された新聞が流れてきてそのままトラックに積み込めるようにか
まさに入り口付近にまでコンベアーマシンのようなものがつながっていた
ちょっと感動。
[PR]
by wuchinco | 2007-07-02 20:51 | 都市・まち


以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
ヒモ生活サイコー!!
from 初心者にもオススメ
派遣で発見!
from こんな派遣ってアリですか!?
大人の男になりました
from 脱チェリーボーイ!
お前らには分からん話だ
from みせみせくん
バイト禁止。でも別の収入源
from 誰にでもできる錬金術
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧