なんでってもおすこし考えれおまえ


2009年の抱負→今年もすてきな駅弁に出会いたい。石川遼くんのような彼氏がほしい。
by wuchinco
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

オアシスを探せ!

近頃ばたばたとCSRに関するシゴトが飛び込んできて
あんまり興味ないんだよなーとも言ってはおられず
ドネーションに関していろいろと調べてみたのだけれど 
調べてみるとそれなりに面白い!みんな考えてる!
というかおいらのように「あんまり興味ないんだよなー」というヤカラに対し
つながり・共感をもつ仕組みで参加感をあおっているっ

で ちょっと興味をひいたのが
もと電通の人がプロデューサーで活動しているThink The Earth
Water planet campaignの企画第3弾にあった「穏田」ミニツアー

そもそもWater planet campaignつうのは・・・
家で水が飲みたければ蛇口を開けばいい
外で喉が渇けばコンビニでペットボトルの水を買えばいい
こんなふうに 日本人にとって 水はごく身近に当たり前のように存在している

世界では迫りくる食糧問題や すでに起こりつつある資源(水も含め)の問題に対し
深刻だっていうのに 
まあ緑と水の豊かな気候帯にある日本で「水について考えろっ!」と直球で唱えても
所詮「ムリ」だと考えるわけですが だからこそ

その「当たり前」にある水をについて もうちょっと考えてみようよ ということを
購入したボトル(水筒)を携帯しつつ 
まちなかの給水ポイントをまわる という楽しく自然な?アクションを通じ考えてもらう
というソーシャルアクト だと解釈した・・・

ボトル(水筒)の購入代金の5%はThink The Earthの活動資金いわゆる
ドネーションとなるらしい

で なんで「穏田」ミニツアーなのさ といえば
少し前に「水系都市」を考える機会があったのだ
水って身近っていうけれども 日本が発展する中で
川を埋めたり 水辺をコンクリートで固めたり 蓋をしたり
どんどん自然の水辺が減っていってしまったなあ 
例えばよく出される例で渋谷川
渋谷川の源流をさがす

今は見ること 触れることのできない水の「痕跡」「記憶」を探すことをテーマに
どうやったらこの現代の日常に豊かな「水系」を取り戻すことが出来るのか
でも現実的(たとえば建築的に)は無理だよなあ と
その時から このテーマはずーーーっとおいらの中でひっかかっていたことだった

で この「穏田」ミニツアーは まさしくそのテーマを
「建築」というハードによるものではないですが
ソフトとして解決してくれたわけです
なるほどそういう解決方法もあったのかと。

例えばこれが恒常的にまちなかに存在するものとして
消火栓のように「給水ポイント」が出来たとして・・・
まあそれはあり得ないから やはりこのイベントのように店舗内というのが
現実的にあり得る範囲内なんだよな きっと。

なわけで 久々に80%程度キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!な感覚だす


本当は以下のリンクにあるような「水の搾取」について書きたかったのですが
まだ自分自身整理がついていないのと おそらくおいらが書くより
ずっとわかりやすいだろうと思うので 以下を参照願います
その他:水のLCAが必要と呼びかける
水に関わるエピソード一覧 「1秒の世界」より


[PR]
by wuchinco | 2007-02-08 21:11 | today
<< いよいよふじようちえん! のたりのたり >>


以前の記事
お気に入りブログ
カテゴリ
最新のトラックバック
ヒモ生活サイコー!!
from 初心者にもオススメ
派遣で発見!
from こんな派遣ってアリですか!?
大人の男になりました
from 脱チェリーボーイ!
お前らには分からん話だ
from みせみせくん
バイト禁止。でも別の収入源
from 誰にでもできる錬金術
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧