なんでってもおすこし考えれおまえ


2009年の抱負→今年もすてきな駅弁に出会いたい。石川遼くんのような彼氏がほしい。
by wuchinco
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

窪塚とらっきょう。

西岡事件については ニュース当日「あえて」? 取り上げず
ねぼけた写真をアップしていたにも関わらず
みなさまから先に反応があり なんだか知らないけれど嬉しい限りでございます
_______________
ところで あっという間に残すところあと1週間となった「詩孫」 
−詩・音・踊・流木 窪塚洋介が放つ芸術の「カタチ」−

■2006年6月11日(日) 開場17:30/開演19:00
■横須賀市文化会館大ホール(横須賀市深田台50番地)
■全席自由 当日券のみ ¥3000(先着1000人まで)
■TEL 046-823-2950
http://www.city.yokosuka.kanagawa.jp//bunka_hamayu/index.html

窪塚洋介の詩、“サイボーグ007”のリーダーとして数々のステージ
に立つGORIの踊り、地元の友人であるというMAKOの音、
そしてTSUYOSHIの一本の流木。いたってシンプルなつくりになると
いうこの舞台、始まりは何となくの「思いつき」だったという。
それが全てと言い切りはしないけど、芸術でも何でも思いついたら
始まって、思いついくことは形にできる。するかしないか、
できるかできないか、は本人次第で、彼はやっぱり形にしてしまう、
できてしまう…せずにはいられない。そう、次なる「カタチ」は、
舞台という芸術。今の窪塚洋介そのものだ。表現する舞台も
横須賀という地元を選び、隙間なく自分の思いを表現する。
果たしてどんな舞台になるのだろう。鏡に映すと「9.11」になるこの日、
彼らから発信される「カタチ」を楽しみに待ちたい。

窪塚からの直筆メッセージ

ということらしい。のだが。
なんとなく理解されないことを恐れ「いっしょにどう?」とも勧誘の声かけはしていなかったのだが 
昨日なんとなく理解してくれそうな友人にオソルオソル勧誘活動を行ってみた

勧誘・布教活動の結果は2連敗。
このまま活動が失敗し続けるならば 来週はひとりで横須賀へ行くことになるのかなあ
ついでにカレーも食ってこよう 
らっきょうついてくるかな

こんなちょっと困ったような状況下には「とほほ・・・」って使われてたりするけど
「とほほ」って言ったことまだないな
今度どこかで使ってみよう
[PR]
by wuchinco | 2006-06-04 01:02 | today
<< 池袋は近くて遠い。 渾身の一枚。 >>


以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
ヒモ生活サイコー!!
from 初心者にもオススメ
派遣で発見!
from こんな派遣ってアリですか!?
大人の男になりました
from 脱チェリーボーイ!
お前らには分からん話だ
from みせみせくん
バイト禁止。でも別の収入源
from 誰にでもできる錬金術
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧