なんでってもおすこし考えれおまえ


2009年の抱負→今年もすてきな駅弁に出会いたい。石川遼くんのような彼氏がほしい。
by wuchinco
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

hanpanda


今日は会社に行ったもののヒマだったのでギャラリーめぐりの旅に出た
野田凪展 - HANPANDA コンテンポラリーアート展 -
2006年2月6日(月)~2月28日(火)

【野田凪とは】
大貫デザイン、サン・アドを経て独立
現在は宇宙カンパニー(←このサイトをみれば あーあーこれね とわかりますきっと)を設立したAD。ナイキやラフォーレ、サントリー(「ラテラテ」、 ウーロン茶キャンペーン)、パンダのAIBO、YUKIプロモーションビデオなどなどを手掛けている人

【HANPANDA】
HANPANDAは見ての通り、半分パンダ、半分がクマ、ウサギ、シカ、キティーちゃんだったりする。ギャラリーの1Fには 半分コールタールのようなどろどろ液体を浴びて真っ黒になった「ゴム漬けパンダ」ちゃん、半分シカの角が生えた等身大のパンダちゃんがずらっと並んでいる。

c0022723_154139.jpgぶっちゃけ まあ見とかなくちゃなあ ハンパンダってだから何だよ…程度で観に行ったのは否めない。B1ではグロかわいい感じの作品が並び、これまでに手掛けたCMなど映像作品が流れている。おお HALCALIのPV「BABY BLUE」(←BOφWYのヒット曲「B-BLUE」をサンプリングした曲)まで手掛けていたとは。ああ そういや思い出した!へんなパンダたくさんいたっけなと確認しようとしたがハルカリはレーベル移籍したらしく前のPVを観ることもできず、さらにはだいぶ雰囲気が変わっていた。

ということで ギャラリーを出たあとは だいぶ気持ちがよかった。しかし 好きか?と問われるとまた別で グロかわいさの裏にある怖さがいつ出てくるんだろう という揺らぎのビクビク感のほうが強く どうも安心できない。このおっかわいい顔した小悪魔めっ みたいな

そんなぐろい彼女の作品が、サントリーのラテラテだったり、パンダAIBOの広告だったり、ぐろさを残しながらも、アートというものがわかりやすく広告表現に落とせている気がして それはそれでなるほど と思った。

あーヒマだ。
[PR]
by wuchinco | 2006-02-27 16:25 | art
<< 人生のエアポケット のみかいひらいてみた >>


以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
ヒモ生活サイコー!!
from 初心者にもオススメ
派遣で発見!
from こんな派遣ってアリですか!?
大人の男になりました
from 脱チェリーボーイ!
お前らには分からん話だ
from みせみせくん
バイト禁止。でも別の収入源
from 誰にでもできる錬金術
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧