なんでってもおすこし考えれおまえ


2009年の抱負→今年もすてきな駅弁に出会いたい。石川遼くんのような彼氏がほしい。
by wuchinco
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

いつになったら終わるのやら 靴さがし。

ここ1週間ほどほぼ毎日、外でおいしいお酒をのみ、おいしいゴハンを食べているからであろうか
みょうに肌のつやがいい(と勝手に思っている)
今日もまた肉を大量摂取してしまった
そしてまたおなかがぽっこりしてきた
どうしよう

友人と有楽座にてIN HER SHOESをみた
キャメロン・ディアス主演ということでぶっちゃけ期待はしていなかったのだが、期待以上の作品
脚本や他のキャストがしっかりしていたからに他ならない(と思っている)
徹底したオバカで終始し、観た後何も残らないチャーリーズエンジェルとは全く別物なことになぜか安心

ストーリーは「靴」を通して語られている
自分にぴったしな靴ってなかなかない。
デザインもステキで、しかも履き心地もいい、長く歩いても疲れない
そんな靴を見つけるのってほんと大変だ。

弁護士でお金も持ってる社会的には勝者の姉さん(トニ・コレット)のコンプレックスは太めのルックス。
そして恋愛べた。
高級靴マニアである彼女のワードローブには、買うだけで履かれることのない高級靴がずらっと並ぶ。

一方、自信があるのはルックスだけ。無職でキャリアも資格も学歴もない。
そして読書障害の妹(キャメロン・ディアス)
ミソジを目前としてルックスだけじゃ生きていけなくなることを自覚しはじめる。
このままじゃやばいよう自立しなきゃ と焦りながらも、うまくいかない。

持ってるけど履れることのないたくさんの靴。お気に入りが見つけられない姉さん。
経済力がなくそんな靴を買えず、姉さんの高級靴を勝手に借りまくる妹。

自分にぴったしな靴をさがす→「自分さがし」がこの作品のテーマだ。

失敗失敗を繰り返しながら、ダメダメ役のキャメロン・ディアスが、
最後に祖母(シャーリー・マクレーン)の住む老人ホームにて「自立する」「自分の生き方を見つける」ことで
この映画は終わる。


希望を与える映画ですなあ
キャメロン・ディアスよりも姉さん役のトニ・コレットの美しさに目がいった
ダメ役をやらせてキャメロン・ディアスより上をいく人はなかなかいないと思う
年齢やその時の環境によって、観客の反応は異なりますが
女性だったら大半が共感できる作品ではないか と思いますた
早くぴったしの靴 見つけたいですいいかげん はい。
happyになりたいっす
★★★☆☆
[PR]
by wuchinco | 2005-11-13 03:05 | today
<< 蕎麦の季節 火の出るお酒 >>


以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
ヒモ生活サイコー!!
from 初心者にもオススメ
派遣で発見!
from こんな派遣ってアリですか!?
大人の男になりました
from 脱チェリーボーイ!
お前らには分からん話だ
from みせみせくん
バイト禁止。でも別の収入源
from 誰にでもできる錬金術
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧